新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【金沢】回転寿司のレベルが高い!駅ナカ「すし玉」で高級のどぐろを

この記事は約4分で読めます。

のどぐろ

北陸に位置する金沢は、魚の町である。水揚げされてから店頭に並ぶまでの時間が短く、どの店で食べても新鮮で美味しい寿司が楽しめる。

向かい合った大将が握ってくれる寿司屋はもとより、回転寿司すらもレベルが桁違いなのだ。

全皿百円を謳っている回転寿司チェーンとは比較にならないほどに新鮮で美味しい魚介がいただける。

金沢で多くの魚が旬を迎える冬の時期はさらに質が上がる。旅行閑散期で旅費も安い冬の時期に、ぜひ金沢の美味しい魚に舌鼓を打ってはいかがだろうか。

今回は、金沢の玄関、金沢駅2Fにある回転寿司「すし玉」におじゃましてきた。

スポンサーリンク

すし玉の外観と雰囲気/駅構内で便利

すし玉外観

「すし玉」は、全国にある回転寿司と同様、お皿の色によって値段が変わる、明朗会計システムだ。

100円~と良心的な価格設定かと思いきや、お皿の色は9種類にも分かれており、一番高いので700円もする物もある。

回転寿司にしては高いように感じるが、金沢の回転寿司は回転しない高級な寿司屋と同レベルの寿司ネタを提供する。

むしろ他の地域の回転しないお高い寿司屋よりレベルが高いかもしれない。

味噌汁はセルフで飲み放題なのがうれしい。

従業員は皆元気が良く、店内は活気が溢れている。

なんと、すし玉ではカウンターに接していない席もある。その席に案内されれば、普通の寿司屋のように従業員がオーダーを取りにくる、少し変わった回転寿司なのだ。

スポンサーリンク

寿司玉で実際に寿司を食べた感想/レベルは相当高い

のどぐろ握り

金沢に来たからには、のどぐろを食わずして帰れない。

脂がたっぷりのった身は「白身のトロ」と比喩されるぐらい濃厚だ。その濃厚な脂が口の中でとろけると、自然と口角が上がる。そして弾力のある身の絞まり加減も最高である。

しょうゆにじゃぶじゃぶ付けて魚のうまみを殺すような愚行は禁止だ。噛みしめるごとにあふれ出す旨味は、しょうゆを必要としない

高級魚であるのどぐろの握りを500円でいただくのを、安いと感じるか高いと感じるか、実際に食べて評価してみてほしい。

僕は刺身を好物としているが、ここまで旨い刺身を食べたのは、この「のどぐろ」が初めてである。

実際にすし玉でのどぐろ5皿を食べた(笑)

金沢には他にも食べておきたい魚がある。おぼろ昆布で巻かれた軍艦仕立ての白海老やガス海老だ。

すし玉では北陸産の魚を多く取り扱う。おとなり富山のしらうおを食べるのもいいだろう。

スポンサーリンク

すし玉のその他メニューと価格

ランチ(平日11時~15時)
サービスランチ(10貫)…1,000円
グルメ盛り(10貫)…1,200円
朝捕れ地物盛り(11貫)…1,500円

その他1皿100円~700円

まぐろ三種盛り(中トロ、びんちょうまぐろ、赤身)…500円
朝捕れ三種盛り(朝に挙がった旬なネタの三貫)…500円
富山湾盛り(白えび、ほたるいか、蟹ばらみ)…500円
炙り三種盛り(サーモン、ぶり、サストロ)…500円

※当記事内の価格は全て税抜

スポンサーリンク

すし玉の基本情報、営業時間とアクセス

【住所】石川県金沢市木ノ新保町7−1−1金沢駅百番街 あんと西2F
【電話番号】076-235-3238
【営業時間】11:00~21:20
【定休日】無し
【キャッシュレス】VISA、JCB、AMEX、Diners、Suica
【アクセス】JR北陸本線「金沢」駅構内(改札外
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★★★/駅構内で便利
コスパ:★★★★★/とても高い
清潔度:★★★★★/生物を扱うので綺麗
接客:★★★★★/活気があり元気で良い
入りやすさ:★★★☆☆/特に昼時は待ち時間が発生
スポンサーリンク

【金沢】回転寿司のレベルが高い!駅ナカ「すし玉」で高級のどぐろを まとめ

のどぐろは「アカムツ」の俗称であり、喉の奥が黒い事から名付けられた。主に北陸地方で水揚げされる高級魚で、その味は全国的に有名である。

脂がのっていながらも、マグロのトロのように脂っこいわけでもなく、あっさりしている。しこしこした独自の弾力のある食感も美味しさの秘密だ。

別にかしこまった店に入る必要はない。駅の回転寿司でさえハイクオリティの寿司を出す金沢。のどぐろを食べ忘れてしまった時など、新幹線に乗る前に「すし玉」へ行ってみてはどうだろうか。

金沢では他にも様々な名物が食べられる。おすすめのお店をまとめたので、ぜひその記事もチェックしてみてほしい。

金沢市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント