新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【金沢】おすすめ「のどぐろ旬菜みのりや」は地元民が好んで行く店

この記事は約9分で読めます。

のどぐろ

金沢の名物「のどぐろ」を食べるならば、おすすめの居酒屋「のどぐろ旬菜みのりや」がある。

観光ガイドの類には載らない、地元民が行くような、個人経営の居酒屋だ。

観光地にありがちな「観光客ナイズされた店」とは異なり、料亭で修行経験のある店主が自慢ののどぐろを料理する。

しかも店主はイケメンだ(←書けといわれた)
イケメン店主とバイトの女の子(美人←ほんとに)2人で切り盛りできるくらいの規模のお店ではあるが、常連客とおぼしき人達で溢れかえっている。

通常、金沢の観光地やチェーン系の飲食店で出すのどぐろは冷凍のものが多い。冷凍だと安定して供給できる利点はあるが、味は落ちる。

その点、のどぐろ旬菜みのりやの自慢ののどぐろは、冷凍ものを一切使用しない。漁港から直接買い付け、生のものを使用するのがイケメン店主のこだわりだ。

「のどぐろ旬菜みのりや」に訪れたなら、ぜひとも自慢ののどぐろで金沢を感じてほしい。

スポンサーリンク

のどぐろ旬菜みのりやの外観と雰囲気/居心地の良い店内

みのりや外観

のどぐろ旬菜みのりやは、金沢駅からも遠く、どこの街にでもありそうな普通の居酒屋だ。それゆえ、観光客には目立たない。

しかし、地元のお客で溢れかえる人気店である。飲食店は観光客に愛される店よりも、地元客に愛される店のほうがいい。

地元客に愛される店は観光客にも愛される。僕の持論だ。

内装は茶系の落ち着いた空間で、個人店の割にはお金をかけている印象。

店主もバイトの子も明るく気さくな、適度な距離感で接してくるから気持ちが良い。

変にかしこまらず、個人店の温かさ溢れるお店である。

スポンサーリンク

のどぐろ旬菜みのりやで実際に金沢料理を食べた感想

のどぐろ旬菜みのりやは「のどぐろに特化した居酒屋」ではない。「のどぐろに重点を置いた居酒屋」だ。なので普通の居酒屋メニューもある。

のどぐろに関しては、その日の買い付け状況により時価となっている。実際に大きさを見せてくれ、金額も教えてくれるので安心してほしい。

のどぐろのコースは2日前までの予約制である。

のどぐろの炭火焼

のどぐろ炭火焼

初めてのどぐろの刺身を食べた時、その甘さと食感に驚いたものだ。しかし、僕のヒヤリングによると、のどぐろは火を通したときに本当の美味しさが分かるという。

地元の人は、炙ったり焼いたり、火を通して食べるのを好むのだそう。チェーン店で出すような冷凍ものの刺身で驚いたぐらいなので、生で仕入れたのどぐろの炭火焼となれば、もうこの上なく美味しいに違いない。

しかも、累計1000本以上のどぐろを焼いてきた「のどぐろ職人」が、炭火でこんがりと焼きあげるというのだ。

お店にはイケメン店主と美人バイトしかいない。つまり、「のどぐろ職人」とはイケメン店主のことである。

イケメン店主兼のどぐろ職人が焼き上げたのどぐろは、添えてあるレモンを絞るのがもったいないぐらいに旨味が凝縮。

白身魚を焼くと身がパサつくが、「白身のトロ」と比喩されるのどぐろは、もともと脂が乗っている。しっとりとした焼き具合に仕上がるのだ。

炭火で焼いていることもあり、皮まで香ばしい。

加賀野菜を美味しく!肉厚な加賀蓮根の天ぷら

加賀蓮根天ぷら

加賀野菜である加賀蓮根は、支那白花という品種のものが多い。支那白花は通常の蓮根に比べ、澱粉質が多く粘りが強いのが特徴だ。

穴の部分が小さく、その分肉厚なので、もちもちした食感を存分に味わえる。そして甘味が強い。

天つゆをせっかく用意してくれたイケメン店主には悪いが、塩でいただいた。

能登塩とうふの冷やっこは意外な組み合わせ

能登塩とうふのやっこ

運ばれてきた時に驚いた。やっこに和からしが添えてあったからだ。「イケメン店主、痛恨のミス!生姜と間違えたか?」と思ったのだが、食べてみて理由が分かった。

金沢といえば「茶碗豆腐」が有名だが、「塩豆腐」というのは初耳だ。実際食べてみても、塩が効いていてしょっぱいわけではない。

なんで「塩豆腐」と言うのかは謎のままだが、この豆腐、かなり濃厚。豆腐本来の旨味が凝縮されており、生姜は薬味として役不足であろう。和からしぐらいのパンチがほしい。多分わさびでも旨いはずだ。

しかし、「一番旨いのは何もつけない」ことだと、ひとこと添えておきたい。

金沢牛すじの味噌煮込み

牛すじ煮込み

金沢牛を使った牛すじの煮込みは、歯ごたえがありすぎるほどにコリコリした煮込みだ。コリコリした部分のみならず、ぷるぷるした柔らかい部分(メンブレン?)もあり、そのコントラストも楽しめる。

公式サイトには

製作総指揮&プロデュースを 産業と暮らしの応援団「砂山商事」制作&構成を「のどぐろ旬彩みのりや」がおくる、50年前から伝わる伝説の金沢牛すじです!今時、おそらく日本全国探しても何処にもない程よい歯ごたえをのこした食感と国産牛ならではの味わいを是非一度どうぞ!

と記載がある。「砂山商事」とはなんぞや?と思い調べてみると、プロパンガスやウォーターサーバーなどを手掛けているらしい。

のどぐろ旬菜みのりやが砂山商事から仕入れたプロパンガスを使って、砂山商事から仕入れた水で金沢牛を煮込んでいるのか何なのか分からないが、とにかく金沢牛の牛すじ煮込みは旨い!以上!

ちなみに、「S商事のガスは異常に高い」と、店主自らインスタグラムで愚痴っていた。

スポンサーリンク

のどぐろ旬菜みのりやのその他メニューと価格

のどぐろ炙り刺身…約2,500円(時価)
のどぐろ炭火焼…約1,500円(時価)
のどぐろ箱うに焼き…9,900円(要予約)
のどぐろタップリ土鍋ご飯…4,000円(要予約)
のどぐろと松茸の土鍋ご飯…4,390円(秋限定・要予約)
のどぐろと香箱かにの土鍋ご飯…4,400円(冬限定・要予約)
のどぐろバースデーケーキ風炭火焼きッ!…4,000円

加能ガニ…10,000~30,000円(要予約)

量多め!お刺身盛り合わせ
1人前…1,500円
2人前…2,800円
3~4人前…4,500円
少しだけ…1,000円

アオリイカ又はコウイカのお刺身…790円
(店主が釣ってきた日のみ)

国産大豆の冷奴…360円/富山産いかの黒造り…400円
能登の海女ちゃん手摘み岩もずく酢…490円
もろきゅう…360円/胡瓜と大根2種類の漬物盛合わせ…450円
金沢名物ふぐの糠漬け…600円/気まぐれサラダ…590円
レトロ居酒屋風トマトスライス…330円
高速提供!シンプルグリーンサラダ緑一色!…500円
わくわく!ツナサラダ…700円
ハッピーターンと明太子ドレッシングのサラダ…700円
金沢牛すじの味噌煮込み…550円/馬肉のユッケ…780円
豚足トロトロ煮…550円/手羽中のから揚げ…550円
丸干しいかの炙り…400円/えいひれ焼き…500円
やんわりトリュフ香る大人のオムレツ…600円
能登牛のコロッケ…300円/皮付きフライドポテト…400円
なんこつから揚げ…500円/カマンベールチーズのフライ…500円
加賀蓮根の天ぷら…600円/さきいかの天ぷら…500円
白エビのから揚げ…780円/単品白ごはん…200円
だし茶漬け梅・磯のり…450円/炙り明太子のだし茶漬け…650円
飲んではしゃいだ後に染みるほっこり卵雑炊…500円
流れ任せで旨い!みのりやアドリブどんぶり!…1,000円
冷やし信州そば…600円/バニラアイス…390円

圧倒的…!のどぐろのフルコース!…7,550円
【先付替わり】
のどぐろと旬野菜のスープ、のどぐろ炙り手毬寿司
【お造り】
のどぐろの炙り 金石の蔵仕込特選醤油 又は 能登の天然塩で
【鍋】
のどぐろスープのみぞれ鍋
【焼き物】
のどぐろ炭火焼き(片身)
【蒸し物】
のどぐろの茶碗蒸し
【食事】
のどぐろ出汁の雑炊
【デザート】
シャーベット

究極!のどぐろ無双のフルコース…12,000円
【先付替わり】
のどぐろと旬野菜のスープ、のどぐろ炙り握り寿司
【お造り】
のどぐろの炙り 金石の蔵仕込特選醤油 又は 能登の天然塩で
【鍋】
のどぐろスープのみぞれ鍋
【焼き物】
のどぐろ炭火焼き(片身)
【煮物】
のどぐろと加賀レンコンの煮つけ
【蒸し物】
のどぐろの茶碗蒸し
【食事】
のどぐろ土鍋ごはん ひつまぶし風
【デザート】
バニラアイス

大胆贅沢な、のどぐろと香箱かにのフルコース…10,000円
【先付替わり】
香箱かに1杯、のどぐろ炙り手毬寿司
【お造り】
のどぐろの炙り 金石の蔵仕込特選醤油 又は 能登の天然塩で
【鍋】
のどぐろみぞれ鍋
【焼き物】
のどぐろ炭火焼き(片身)
【蒸し物】
のどぐろ茶碗蒸し
【食事】
元祖!のどぐろと香箱かにの美味すぎる土鍋ごはん
【デザート】
シャーベット

雲丹とのどぐろを同時に食べれば人生バラ色だよねのフルコース…20,000円
【お通し】
ウニ箱盛り!口溶け雲丹ののどぐろ巻き軍艦寿司
のどぐろと旬野菜のスープ
【お造り】
豪華!のどぐろの炙り刺身と雲丹の刺身合わせ盛り
地元金石の蔵仕込み特選醤油 又は 能登半島珠洲産の天然塩で
【鍋】
のどぐろの雲丹スープみぞれ鍋
【焼き物】
のどぐろと雲丹の炭火焼き(片身)
【蒸し物】
のどぐろと雲丹の茶わん蒸し
【食事】
炊き立て!のどぐろの土鍋ごはん雲丹のっけ!
【デザート】
バニラアイス

※当記事内の価格は全て税抜き
※コース料理及び要予約商品は、2日前までの予約

スポンサーリンク

のどぐろ旬菜みのりやの基本情報、営業時間とアクセス

【住所】石川県金沢市京町25-20 ソフトオフィスビル1階
【電話番号】050-3466-9234
【営業時間】18:00〜翌2:00
【定休日】水曜定休(事前予約で営業)
【キャッシュレス】VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、MUFG、UC、DC、NICOS、UFJ
【アクセス】JR金沢駅兼六園口(東口)徒歩15分・タクシー1メーター
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★☆☆☆/駅から遠いが、歩ける範囲
コスパ:★★★★★/とても高い。料理の質が最高
清潔度:★★★★☆/個人店ならではの雑多感あり
接客:★★★★★/親しみやすく面白い
入りやすさ:★★★★★/ひとりでも入りやすい
スポンサーリンク

「のどぐろ旬菜みのりや」は地元民が好んで行く店 まとめ

のどぐろ旬菜みのりやを出て、金沢駅前のホテルまで15分、軽く酔った身体には心地よい散歩だった。

その道すがら、思ったことはひとつ。「このお店はブログで紹介したくない」。

観光客が押し寄せ、観光客ナイズされてしまうと残念だからだ。しかし、冷静になって考えてみれば、僕のブログにそんなに影響力があるはずもない。安心して掲載するに至った。

生の状態で仕入れるのどぐろは旨い。それだけではなく、他の金沢料理も最高だった。イケメン店主の馴染みやすい人柄も最高だ。

金沢には、ひとり占めしたいお店がある。良質な旅行にしたいならば、ぜひ「のどぐろ旬菜みのりや」がおすすめだ。

店主がイケメンじゃなかったらごめんちゃい。

金沢では他にも様々な名物が食べられる。おすすめのお店をまとめたので、ぜひその記事もチェックしてみてほしい。

金沢市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント