新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【金沢】「もりもり寿し」で手軽にランチ。子連れ旅行にもおすすめ

この記事は約3分で読めます。

のどぐろ

金沢は海鮮の街。北陸の地形を活かした最短経路で、新鮮な日本海の鮮魚が提供できる。

特に高級魚「のどぐろ」が有名で、生、焼き、煮、揚げなど、様々な調理法でのどぐろを楽しめる専門店まである。

金沢では、街の回転寿司ですらレベルの高い寿司を出すのでおすすめだ。

金沢駅から徒歩圏内、「金沢の台所」近江町市場にあるもりもり寿司も、レベルが高い回転寿司のひとつ。

他の回転寿司と違いテーブル席が豊富で、注文もタッチパネル式である。子供連れの場合は、もりもり寿しを選択するといいだろう。

もちろん、カウンター席も豊富にある。サラリーマンも入りやすい店なので、北陸の旨い魚を気軽に体験してほしい。

スポンサーリンク

もりもり寿しの外観と雰囲気

もりもり寿司外観

もりもり寿しの店舗は複数あるが、観光客が行きやすいのは近江町市場の中にある店舗だろう。近江町市場の観光のついでに気軽に寄れる回転寿司だ。

店内は広く、綺麗。従業員も皆愛想が良く、活気もある。

そして、回転寿司とは思えないほどのハイクオリティの寿司をリーズナブルな価格でいただける。コストパフォーマンスに大変優れたお店なのだ。

いろいろな種類を食べたい人向けに、3種の異なるお寿司が乗った「三種盛」が種類豊富に揃えてあるところもうれしい。

スポンサーリンク

もりもり寿しで実際に寿司を食べた感想

のどぐろ

金沢に来たからには、「白身のトロ」と比喩されるのどぐろを食べないわけにはいかない。

ここ「もりもり寿し」ののどぐろは、皮を軽く炙ってあり、のどぐろの甘みが増している。濃厚な脂の乗りなのにも関わらず、あっさり食べられるから不思議だ。

もっちり食感で歯ごたえを十分に残しつつ、口のなかでとろける様は、ほんとに「白身のトロ」である。

北陸で有名な魚を寿司にした北陸5点盛もおすすめだ。のどぐろ・がすえび・ほたるいか・梅貝・白海老がセットになっている。

がすえびは甘エビと似ているが、甘エビより甘さが舌に絡みつく。コリコリして噛み応えのある旨味あふれる梅貝も美味しい。

もりもり寿しの寿司はどれを食べても美味しく、口の中で寿司ネタが躍っているかのようだ。

そして、寿司と一緒に頼みたいのが味噌汁。香箱かに汁がおすすめだ。外子と内子がぎっしりつまった半身の香箱がにのダシが強くでた味噌汁は絶品。ぜひ一緒に注文してほしい。

スポンサーリンク

もりもり寿しのその他メニューと価格

現在調査中

※当記事内の価格は全て税抜

スポンサーリンク

もりもり寿しの基本情報、営業時間とアクセス

【住所】石川県金沢市青草町88
【電話番号】076-262-7477
【営業時間】7:00~17:00
【定休日】無し
【キャッシュレス】
【アクセス】武蔵ヶ辻(むさしがつじ)バス停から徒歩約1分
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★☆☆/金沢駅からは遠いが、バスもある
コスパ:★★★★★/とても高い、ネタの旨さが桁違い
清潔度:★★★★★/とても綺麗
接客:★★★★★/感じがよく、活気がある
入りやすさ:★★★★☆/入りやすいが行列ができることも
スポンサーリンク

「もりもり寿し」で手軽にランチ。子連れ旅行にもおすすめ まとめ

「もりもり寿司」は人気で、常に入店待ちが発生することも。店頭の端末で整理券を発行して、順番がきたら番号を呼ばれるシステムだ。

近江町市場の中にある回転寿司なので、待ち時間を使って市場内を観光できるのも利点である。ただ、番号を呼ばれた時にその場にいないとキャンセル扱いになるため、その点だけは注意していただきたい。

市場内には新鮮な海鮮を食べ歩きできるお店がたくさんある。つい誘惑に負けて、もりもり寿しの上手い寿司を食べる前に食べ歩きの海鮮で満腹になってしまうのも、これもまた「旅の醍醐味」である。

金沢では他にも様々な名物が食べられる。おすすめのお店をまとめたので、ぜひその記事もチェックしてみてほしい。

金沢市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント