新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【博多】歴代1位!もつ鍋おおいし、1,540円で得られる満足感

この記事は約5分で読めます。

おおいしもつ鍋味噌味

どこよりも旨いもつ鍋。博多名物のもつ鍋を楽しみたいならば、博多駅から徒歩圏内の「おおいし」がおすすめだ。

もつ鍋を語る上で、よく使われる単語のポイントは、

  • プリっとしたモツ
  • コクがあるスープ

この2つに集約される。つまり、そこら辺の適当に入ったもつ鍋屋でも、だいたい同じような感想を抱くのだ。

しかし、おおいしは違う。

  • 歯ごたえのあるモツ
  • コントラストを楽しむスープ

僕はモツが好物。全国あらゆる店でもつ鍋を食べてきたが、口に運んだ瞬間に驚いたもつ鍋は、おおいしだけである。

この記事では、これまで体験したことがない「旨い」を通り越した、おおいしのもつ鍋を紹介しよう。

スポンサーリンク

おおいし住吉店の外観と雰囲気

おおいし外観

JR博多駅から徒歩15分ほどの住吉通りに店を構えるおおいしは、小洒落たシックな外装でお出迎え。

玄関で靴を脱ぎ、下駄箱へ預けるスタイルだ。

店内も綺麗に保たれていて、従業員の対応も素晴らしい。

客席は全て座敷で、テーブル毎に衝立で仕切ってあり、手狭感は否めない。

鍋を囲むとなれば時間も長くなりがちではあるが、残念ながら掘りごたつ式ではなく、畳敷きなのが残念だ。

博多駅からは大きな道を真っすぐ歩けば到着するので分かりやすい
スポンサーリンク

おおいし住吉店で実際にもつ鍋を食べた感想

おおいしもつ鍋みそ味

せっかくの旨いもつ鍋なのに、画像を盛大に失敗してしまって申し訳ない(笑)

さて、おおしのもつ鍋は味が3種類。

  • みそ味
  • しょうゆ味
  • 水炊き風

どれも1人前1,540円で、2人前からの注文だ。

今回は、「4種類の味噌をブレンドし、コクはあるが、さっぱりとした味」と記載のあった、一番人気のみそ味をオーダーしてみた。

恐らく白味噌がベースだと思われる白濁したスープは、ニンニクと胡麻の風味が広がり、匂いだけでも旨い事が伝わる。

鍋にはモツとニラがすでに投入されており、キャベツ・ゴボウ・ネギなどは別皿。

「生」にこだわったモツをひとたび口に運べば、自然と笑みがこぼれてしまうほどである。

丁寧に下処理されているのか、モツ特有の臭みなど皆無。立派に脂が乗っていて、噛むほどにモツの旨みが染み出してくる良質なものだった。

通常、モツには「プリっとした」という言葉が似合うが、おおいしのモツは、プリっとしていながら歯ごたえもある。

脂の部分が大きく、「旨味が溶けだす」というよりも、「自ら歯を入れて旨みを絞り出す」というのが正解だ。

スープはどうだろうか。

ニンニクが香り、モツや野菜の旨みが凝縮された、しっかりとした味付けだ。かなり濃いめに仕上げているのに、とてもまろやかで、後味はすっきりしている。

ガツンときたかと思えば、口の中で旨みだけがサーっと広がり、最後は浜辺の波のようにスーっと引いていくような…。

これまで味わってきた、どのもつ鍋にも相当しない、旨味のコントラストを楽しむスープなのだ。

そして、驚いたのはキャベツである。

モツの脂と旨味を良い具合にまとい、そこにキャベツ自身の甘さが加わる。

良質のモツを使っていないと、この三位一体は実現できまい。

「もつ鍋」だから、モツが主役なのは言うまでもない。しかし、おおいしのもつ鍋は、キャベツも主役に成り得る。

そして、計算しつくされたスープを存分に楽しむべきだ。

もつ鍋をちゃんぽん麺で〆るのが、博多流。
生麺の状態で鍋に投入すると、濃度を増したスープをグングン吸い上げ、もっちりとした食感のちゃんぽんが完成する。

福岡で忘れてはいけないのが、明太子である。もつ鍋が完成するまでの酒の充てとして、辛子明太子を注文してみてはいかがだろうか。

おおいし明太子

これまた写真が残念で申し訳ないが、辛子明太子の質は折り紙つきだ。

ひと粒ひと粒が立った、しっかり身の詰まったその一切れで、ご飯1膳は余裕なほどである。(実際には〆のちゃんぽんがあるので、ご飯は頼まなかったw)

明太子には日本酒をチョイスする人も多いが、個人的には梅酒のソーダ割がおすすめだ。

スポンサーリンク

おおいし住吉店のその他メニューと価格

もつ鍋(みそ味/しょうゆ味/水炊き風)…1,540円
※注文は2人前から

<もつ鍋追加>
もつ180g/もつ150gと野菜…1,540円
野菜…440円/豆腐…330円/ニラ…330円/キャベツ…330円
ゴボウ…550円/もち…440円/ちゃんぽん玉…220円
うどん玉…330円/卵とネギ…220円/ご飯か…220円

<一品料理>
豚なんこつトロトロ煮…1,100円/豚ハラミ炭火焼…770円
とり皮…550円/酢もつ…660円/センマイ刺し…770円
辛子明太子…660円/いかめんたい…550円
えびめんたい…550円/やみつき白菜サラダ…660円

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

おおいし住吉店の基本情報、営業時間とアクセス

【住所】福岡県福岡市博多区住吉4丁目8-21
【電話番号】092-476-3014
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】木曜日
【キャッシュレス】クレジットカード/PayPay
【アクセス】JR博多駅博多口徒歩15分
博多駅よりバス4分「住吉」停留所
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★☆☆/駅からは遠い
コスパ:★★★★☆/高めだが、唯一無二の味
清潔度:★★★★★/とても綺麗
接客:★★★★★/好感がもてる
入りやすさ:★★★☆☆/格式高く入りにくい
スポンサーリンク

歴代1位!もつ鍋おおいし、1,540円で得られる満足感まとめ

  • 全く臭みのない大きな生のモツ
  • モツの脂と野菜の旨みが溶けだしたスープ
  • 旨みと甘みのキャベツ
  • もっちり食感の〆のちゃんぽん

おおいしのもつ鍋は、食べ始めから〆まで計算しつくされた、他に類を見ない、驚いてしまうような美味しさだった。

有名店であるがゆえ、常に人気となっている。事前予約は必須だ。

福岡市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント