新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【大阪】梅田のお好み焼き「きじ」で昔ながらのオーソドックスな味を

この記事は約4分で読めます。

お好み焼き

大阪のお好み焼きを語る上で、ここ「きじ」は外せない。

あまりにも人気店であるがゆえ、この記事は「有名じゃないけど美味しいところを記事にする」という当ブログのコンセプトに反している。

僕にもプライドが少しばかりある。コンセプトに反した記事は書きたくないのだ。しかし旨かった。「きじ」のお好み焼きは、とてもオーソドックスな大阪のお好み焼きで、変に凝っていない。そこが美味しさの秘訣である。

「くだらないコンセプトは捨てる」といのも当ブログのコンセプトなので、今回は「きじ」を紹介しようと思う。

オーソドックスではない凝ったお好み焼きを希望ならば、同じく梅田にある京ちゃばながおすすめだ。

【大阪】梅田の京ちゃばで糖度7以上の「トマトのお好み焼き」が絶品
梅田駅直結、阪急うめだ本店で食べられる新感覚トマトのお好み焼き。洋風にアレンジされた美味しいお好み焼きはぜひ試していただきたい。

「きじ」は、出汁にこだわった昔ながらの王道お好み焼きなので、生地からしてすでに旨い。

つまり今回は「きじの生地の記事」というわけで、分かりにくさマックスでお届けする。

スポンサーリンク

新梅田食道街にある「きじ」

きじ外観

「きじ」は新梅田食道街にある。「新」と付いてはいるが、限りなくレトロな、昭和時代の食堂街だ。そして「食堂」ではなく「食道」だ。

大阪において飲食店が長続きする要素は「早い・安い・旨い」の3つである。商売に敏感な大阪人を相手にすると、この3要素が欠落した飲食店は流行らない。

約100店舗がひしめき合う新梅田食道街において、常に行列を絶やさない「きじ」の人気は、この3要素をしっかりと守っているからこそだ。

お世辞にも広いとは言えない食道街で行列となれば、周辺店舗の迷惑となる。そこで「きじ」では、「開店の10分前からしか並んではいけない」ルールや、「このラインから先は並んではいけない」ルールなど、行列に関して様々な決まりがある。

このあたりのルールは店先の看板に掲示してあるので、確認しておこう。

店内は、狭い屋根裏部屋に無理やり作ったかのよのうなカウンター席7席と、4人掛けテーブル4席での案内だ。

店舗前のみならず、店舗へ続く階段、店舗内にも待ちスペースがある。店舗前まで行列になっていると、だいたい4~50分程度待つ。

スポンサーリンク

「きじ」の「生地」はしっとりふわふわ食感のお好み焼き

お好み焼き

大阪のお好み焼きの鉄則には、「生地を押さえつけてはならない」というものがある。

押さえつける事により空気が抜け、お好み焼き特有のふわふわ感が無くなってしまうのだ。

だが、「きじ」は「生地」を押さえつけて焼く。それでもあのふわふわ感が残るから不思議である。

押さえつけることにより、ふわふわ感ばかりか、しっとり感もあり、それが相まって「程よい弾力」が生まれる。

豚玉にはシソも入っていて、爽やかな口当たりが。若干甘みが強い特製の甘辛ソースに負けないほどの生地の出汁感を感じることができる。

標準的なお好み焼きよりキャベツが多めに入っていて、キャベツの甘味も加わると、さらに生地の旨さを押し上げるのだ。

豚肉はカリカリに焼かれ、甘辛いソースは生地の出汁感を邪魔しない程度の濃さ、生地はしっとりふわふわと、お好み焼きの王道をいく「きじ」のお好み焼き、かなりおすすめだ。

スポンサーリンク

きじ・アクセス

大阪府大阪市北区角田町9−20 新梅田食道街
梅田駅(大阪メトロ)から60m
11:30~21:30(L.O.)
日曜定休

スポンサーリンク

大阪梅田のお好み焼き「きじ」・まとめ

カウンター席に通されると、目の前でマスターの木地さんが黙々とお好み焼きを焼く姿が見られる。

他の人がオーダーしたお好み焼きを見て食べたくなっても、追加注文はできないのが、この店のルールだ。並んでいる時に注文を聞かれるので、その時に食べたいものを全て注文しよう。(食べきれる量で)

「木地」さんの「きじ」の「生地」の「記事」、いかがだっただろうか。

しっとりふわふわした生地をぜひ味わっていただきたい。

大阪市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント