新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【天満】安旨!大阪で串カツなら七福神。生ビール100円の破壊力!

この記事は約5分で読めます。

串かつ

安い!早い!旨い!の三拍子揃った大阪の串カツは、観光客のみならず、地元民にも大人気である。

数本の串カツを肴に酒を2~3杯飲んで、2,000円もあれば事足りる。そんな庶民の味方が大阪のソウルフード、串カツなのだ。

日本一長い「天神橋筋商店街」の一角に佇む七福神は、数ある串カツ屋の中でも極めて安い。

なんと、生ビールとハイボールに限り、最初の1杯が100円(フードを350円以上注文した人限定)という信じられない価格となっている。

串カツも100円のものが多数あるばかりか、他の店に比べて1.5倍ほどの大きさがあるのだ。

さらに、2杯目以降の生ビールも300円と安い。

つまり、生ビールを2杯飲んで、大きな串カツを6本食べても、1,000円ジャストである。

「せんベロ」と言っても過言ではなく、どうやって利益を出しているのか謎の店だ。

とは言っても、「安かろう、悪かろう」では困る。味はどうなのか、串カツ・七福神での実食レビューを参考にしてほしい。

スポンサーリンク

七福神の外観と雰囲気/玉出に負けるな!(笑)

七福神外観

大阪で人気の激安スーパー「玉出」の派手な看板に負けている感は否めないが、天満駅からすぐの角にあり、大変分かりやすい。

店内はコの字型カウンターのみで、10数席と小さい店舗である。

女性でも入りやすい綺麗な内装で、従業員も元気よく気持ちが良い。

商店街の中に本店もあるが、ひとりでは入りにくい
スポンサーリンク

七福神で実際に串カツを食べた感想/安くても美味しい

七福神のメニュー構成は、串カツとおでんの2本柱となっている。加えて、一品料理が数品、中でも「どて焼き」がおすすめだ。

串カツは大きめサイズで薄衣

串カツ

七福神の衣は比較的薄く付いており、揚げたてのサクサク感が強調される仕上がりとなっている。

左から那須・玉ねぎ・しいたけ・紅ショウガ・牛カツ。牛カツは3本で300円、他は100円だ。

串カツという呼び名は大阪独特のもので、他の地域では「串揚げ」と呼ぶ場合が多い。さらに、豚肉と玉ねぎが交互に串に刺さったものを想像する人が多いだろう。

大阪の串カツは、様々な素材が用意されているので、好みで選択できる点が嬉しい。

中でもぜひ注文してほしいのが、牛カツと紅ショウガだ。

牛肉文化の大阪では、肉と言えば牛肉で、どの串カツ屋のメニューにも必ずラインナップされているのが、この「牛カツ」である。

堅くならない程度に揚げた牛カツは柔らかく、途中で噛み切っても全体が串から抜けるなどという事は無い。

さて、意外なのが紅ショウガだ。大阪以外の人にとって、「紅ショウガ」と言えば、焼きそばなどにトッピングされている赤い千切りの物体を想像することだろう。

しかし大阪では、刻む前の固まりの紅ショウガを使う。二度漬け禁止のソースと、紅ショウガから広がる酸味がマッチして、なんとも言えない美味しさを感じることができる。

どて焼きは串刺しタイプ

どて焼き

牛すじを甘めの味噌で仕上げるどて焼きは、店によって「煮込みタイプ」と「串刺しタイプ」に分かれる。

七福神では後者で、3本400円の価格設定だ。

煮込みタイプの店は、もつ煮と同じようにこんにゃくや人参などの他の材料と一緒に煮込む。

七福神で採用している串刺しタイプだと、100%牛すじとなるので、牛すじが大好きな人にはたまらない。

柔らかく煮込まれた牛すじが、甘めの味噌ダレに絡み、酒だけではなくご飯も進みそうだ。

甘さが気になる場合は、卓上の一味をふりかけると、違う味も楽しめる。

おでんは化学調味料強し

おでん

箸がスーっと入っていくほどにトロトロに煮込まれた大根や、しっとり味のしみた玉子など、おでん各種もメニューに並ぶ。

カウンターから見える大きなおでん鍋から、とても良い香りが漂うので、頼まずにはいられない。

つゆは化学調味料の味が強く、個人的には好きではないが、具材への染み具合が素晴らしい。

スポンサーリンク

七福神のその他メニューと価格

串カツ
(100円)じゃがいも・れんこん・さつま芋・なす・ししとう
しいたけ・ちくわ・紅ショウガ・玉ねぎ・キス
玉子・くり・プチトマト・カッパ軟骨・ササミ
穴子・ベビーコーン
(150円)スジカツ・はも・いわし・げそ・ウインナー
チューリップ・コロッケ・にんにく・山芋カツ
えび餅・チーズドッグ・ミニアメリカンドッグ
鶏つくね・ししゃも
(200円)たこ・貝柱・ふぐ・コンニャクカツ・チーズ
豚ロース・イカ
(250円)アスパラ・七福串・海老・サーモン
(300円)子持ちこんぶ・豚ヘレ・牛カツ3本
(350円)カニ爪

おでん
(100円)玉子・ごぼ天・平天・ちくわ・こんにゃく
(150円)厚揚げ・巾着
(200円)とうふ・大根
(350円)すじ3本

どて焼き(3本)…400円/冷奴(夏季限定)…300円
スライストマト…300円/キムチ…300円
湯豆腐…300円/にんにく丸揚げ…300円

※当記事内の価格は全て税抜

スポンサーリンク

七福神の基本情報、営業時間とアクセス

【住所】
【電話番号】06-6353-5060
【営業時間】12:00~22:30
【定休日】無し
【キャッシュレス】不可
【アクセス】JR環状線・天満駅徒歩1分

超個人的5段階評価
立地:★★★★★/駅近で便利
コスパ:★★★★★/とても安く、値段以上の質
清潔度:★★★★★/綺麗で明るい
接客:★★★★☆/元気で活気がある店内
入りやすさ:★★★★★/一人でも入りやすい
スポンサーリンク

安旨!串カツなら天満駅の七福神。生ビール100円の破壊力!まとめ

フードメニューを350円以上注文すれば、生ビールかハイボールの最初の1杯が100円になるという、安さが売りの七福神。

揚げたてでサクサク衣の串カツも、他の店より大きなサイズで100円から揃えている。

千円札1枚握りしめて行けば、それなりに飲めて、それなりに食べられるのが魅力だ。

しかも値段以上に美味しいとあれば、行かないという選択肢は無いだろう。日本一長い商店街のちょうど中間に位置するので、商店街の散策に疲れたら、休憩がてら利用してみてはどうだろうか。

大阪市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント