新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【難波】有名店「わなか」のたこ焼きは千日前本店以外行くな

この記事は約4分で読めます。

わなかたこ焼き

現在、大阪で最も有名だと思われるたこ焼き屋、それが「わなか」である。

大阪に行く度にたこ焼き屋をハシゴし、100店以上ものたこ焼きを食べた僕が、「たこ焼きランキング」を作るならば、確実にトップ3に入る名店だ。

ただし、わなかは十数店舗を展開するチェーン店である。この全ての店舗(大阪市内に限る)を1日で周った僕が言いたいことは、「千日前本店以外は行っちゃいけない」ということだ。

千日前本店は、行列が絶えずに焼き続けているからか、焼き手の腕がいい。さらに、常に焼き立てが提供される。

他の店舗は客がまばらなことも多く、客待ちの間ずっと鉄板で加熱された、焼き過ぎのたこ焼きを出されることもある。

かろうじて、なんば店も合格点ではあるが、千日前本店には適わない。

したがって今回は、千日前本店のたこ焼きを紹介しようと思う。

スポンサーリンク

わなか千日前本店の外観と雰囲気/路地奥にイートインスペースあり

わなか外観

大阪のお笑いの聖地「なんばグランド花月」。その左隣に、わなかはある。

屋台風の間口が狭い店舗の前には、多い時で数十人の行列が。しかし従業員の手際がよく、さほど待たずに買える。行列に怯まず、ぜひ並んで購入していただきたい。

イートインスペースは店舗右側の路地にあり、1F2F併せて70席ほどある。生ビールなども販売しているので、たこ焼きを肴に晩酌を決め込むのもいいだろう。

イートインスペースにはセルフのお冷も用意されている。
スポンサーリンク

わなか千日前本店で実際にたこ焼きを食べた感想/公式のカリっトロっ!は嘘

わなかたこやき

大阪のたこ焼きの感想でよく耳にする「カリっトロっ」という言葉、わなかの公式サイト内でも使われている。

これは、「外はカリっと、中はトロっと」という意味なのだが、大阪ではこの「カリっトロっ」のたこ焼きが旨いとされる。

わなかのたこ焼きは「カリっトロっ」では無い

公式サイトの影響か、某有名食レポサイトのレビューでも「外はカリっとしている」と言う人が多い。

だがしかし、わなか千日前本店のたこ焼きを数十回は食べている僕が断言しよう。

わなかのたこ焼きは「サクっ、ふわっ、トロっ」である。

外の焦げ目の部分はサクっとした食感で、それ以外の部分は極めてふわっとした、とても柔らかいたこ焼きだ。

その証拠に、串1本で食べようものなら、重力に負けて破れてしまい、中の「トロっ」が流出してしまう。

わなかのたこ焼きは、2本の串を使い、箸のように食べるのが正解だ。

わなかでは熱伝導率の良い銅板で焼き上げる為、外がカリっとなる前に仕上がる。

中具はトロっと、定番の紅ショウガは使わない

わなかは出汁に対するこだわりがすごい。希釈率を厳密に計算した唯一のものをブレなく作るため、専用の高度な機器を持つメーカーにオリジナルの配合で外注している。

その繊細な出汁の風味を損なわないよう、たこ焼きの定番である紅ショウガは入れず、代わりに塩ショウガを使う。

独自ブレンドの出汁の水分が蒸発する前に素早く返したたこ焼きは、小麦粉が糊化しトロトロになる。

結局のところ、わなかのたこ焼きは王道だった

最近でこそ、「カリっトロっ」のたこ焼きが流行っているが、大阪でのたこ焼きの基本は「ふわっトロっ」である。

わなかのたこ焼きは後者で、外はふわっとし、中は極めてトロっとしている。

加えて、所々の焦げの部分がサクッとした食感だ。

酸味が軽やかな特製ソースにマヨネーズと青のり。最後に乗せた鰹節は、たこ焼きからの熱気で踊り出す。そんな「たこ焼きの王道」を極めたのが、わなかのたこ焼きだ。

銀だこに代表される、昨今の「焼いたんだか揚げたんだか分からない」たこ焼きを好む層には不向きであることも付け加えたい。

スポンサーリンク

わなか千日前本店のメニューと価格/たこ焼きは少し高め

たこ焼き(ソース・塩・しょうゆ・ピリ辛)
8個500円/12個700円/15個800円

たこポン(ポン酢)
8個550円/12個750円/15個900円

おおいり(4種の味各2個ずつ)
600円

たこせん(たこ焼き3個をせんべいで挟んだもの)
200円

わんこだこ(出汁につけて食べる)
9個650円

トッピング(ネギ/チーズ)
各50円

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

わなか千日前本店の基本情報、営業時間とアクセス

【住所】大阪府大阪市中央区難波千日前11-19
【電話番号】06-6631-0127
【営業時間】平日10:00~23:00/土日祝8:30~23:00
【定休日】無し
【キャッシュレス】不可
【アクセス】
・南海「難波」駅より、徒歩5分
・地下鉄「日本橋」駅より、徒歩6分
・地下鉄「なんば」駅3番出口徒歩5分
・近鉄「大阪難波」駅より、徒歩8分
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★★☆/主要駅から近い
コスパ:★★★★☆/少し高いが、満足レベル
清潔度:★★☆☆☆/屋台風のそれなり
接客:★★★★★/とても元気が良い
入りやすさ:★★★★★/屋台風なのでそもそも入らない
スポンサーリンク

 まとめ/わなかは千日前本店に行けば間違いなし

大阪で王道の「ふわっトロっ」の美味しいたこ焼きを食べたいなら、わなかは要チェックだ。それも千日前本店が最も旨い。

コテコテの大阪の味を楽しみたいならば、定番のソース味。わなかの出汁の旨さを感じたいならば、塩味がおすすめだ。

大阪市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント