新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【鶴橋】全28種333円~「鶴橋ホルモン本舗」でお得に焼肉

この記事は約5分で読めます。

焼肉

タレにつけて食べる現代の焼肉のスタイル発祥の地、大阪。JR環状線の鶴橋駅では様々な焼肉店が並んでいる。

電車の扉が開くと、車内に焼肉の香りが入り込んでくる程の焼肉の街で、ひときわ目立つ焼肉店が「鶴橋ホルモン本舗」だ。

鶴橋駅から徒歩10秒のところに駅前店があり、駅前店から徒歩10秒のところに本店がある。つまり、駅から徒歩わずか20秒圏内に、2つの店舗を有しているのだ。

そんな一等地を確保できる事からも、「鶴橋ホルモン本舗」の人気ぶりがうかがえる。

一体、なにがそこまで人気なのか、具体的に見ていこう。

①ホルモン全28種。他では食べられないホルモンも
②肉は和牛最高ランクのA5を使用
③値段がとにかくリーズナブル
④ランチは1,000円で大満足
⑤美味しい!美味しい!美味しい!

そして、個人的には焼肉にか欠かせない生ビールが290円なのが嬉しい。

そんな「鶴橋ホルモン本舗」を詳しく紐解いていこう。

スポンサーリンク

「鶴橋ホルモン本舗」は鶴橋駅目の前にあり

鶴橋ホルモン本舗外観

さて、この外観は駅前店である。左側の路地を進んで10秒程の場所に本店もある。

どちらの店舗でも、取り扱っているメニューは同じだ。

そのメニューがすごい。店名にもなっているホルモンは全28種類。そのうち11種類が333円と安い。

ホルモン・コリコリ・大腸・テッポウ・ハツモト・ハチノミ・ブップギ・バイパス・タンツラ・アゴ・牛子袋(各333円)

残りの17種類の珍しい部位も、比較的安価で注文できる。

ハツ・ギアラ・焼レバー・マメ・チレ・ネクタイ・ツラミグレンス・白スジ・蜂の巣・赤セン(各580円)
焼セン・マル腸・ミノサンド・ウルテ(各650円)
テッチャン・ツラミ(各750円) 上ミノ(880円)

ホルモン好きにはたまらない豊富な品数と価格設定となっている。

しかし「鶴橋ホルモン本舗」のすごいところは、ホルモンだけではないのだ。

スポンサーリンク

「鶴橋ホルモン本舗」のA5ランクの和牛は美味

ホルモン以外の肉も、和牛にとって最高ランクとなるA5のものを使用している。

最高ランクの和牛カルビが1,288円、タン塩が988円など、とてもリーズナブルに楽しめる。

ランチはコスパ最強の1,000円

ハラミ

「鶴橋ホルモン本舗」の本気は、ランチタイムで見ることができる。

今回はハラミランチを注文したが、この皿からはみ出さんばかりのハラミを見てほしい。

白菜キムチとカクテキ、もやしナムル、サラダ、ワカメスープが付く。ご飯はお替わり自由だ。

この内容で1,000円ポッキリなのだから、驚きを隠せない。

しかもランチ営業は開店~17時までと時間も長い。

脂の乗ったジューシーなハラミは良質のもので、サッと軽く炙るだけで食べられる。ほのかな酸味が後を引くタレも美味だ。

このタレ、個人的には好きなのだが、通常の焼肉店のタレとしてはパンチがない

おそらくメインがホルモンの店なので、ホルモンに合うよう、酸味の強いあっさりとしたタレを使っている。ホルモンにはマッチしても、肉には物足りなく感じてしまう人もいるだろう。

おろしにんにくとコチュジャンを加えるとパンチが出てくるのでおすすめだ。

1,000円ランチはハラミの他に、薄切りカルビランチ、ホルモンミックスランチがある。いずれも土日限定だ。

平日はAランチ(カルビ、ロース、ツラミ)1,500円、黒毛和牛ランチ(黒毛和牛カルビ、黒毛和牛ロース、黒毛和牛ツラミ)1,800円の2種類

ホルモンのおすすめはマル腸

マル腸

店名にもなっているぐらいだから、ホルモンを頼まずには帰れまい。だが、種類が豊富過ぎて何を頼めばいいのか分からない。

店員におすすめを聞くと、333円から取り揃えているホルモンのうち、お高めの部類に入る「マル腸」をすすめられた。

マル腸は甘い脂が広がる、弾力に優れた小腸を使う。スーパーなどではコプチャンとして販売されていることが多いのではないだろうか。

外国産などの安いマル腸は、焼くと急激に縮む。大きさを保ったまま焼き上がるのは和牛のしるしだ。

「鶴橋ホルモン本舗」のマル腸は、その看板に偽り無しの、大きさを保つタイプだった。

スポンサーリンク

「鶴橋ホルモン本舗」・営業時間とアクセス

大阪府大阪市天王寺区下味原町5−20(本店)

スポンサーリンク

「鶴橋ホルモン本舗」はホルモン333円・まとめ

ホルモン好きならば、間違いのない店が、ここ「鶴橋ホルモン本舗」だ。黒毛和牛一頭買いだからこそ実現できる豊富な種類とお手頃な価格。

生ビールも安いので、2,000円ほどあれば優雅に焼肉で晩酌ができる。

さらに本店のほうは1階がお洒落なカウンター席になっていて、ひとり客や女性客も入りやすい。

鶴橋で立ち並ぶ焼肉店の選択に困ったら、ぜひ覗いてみてほしい。

大阪市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント