新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【八丁堀】元祖の味「みっちゃん総本店」で味わう広島風お好み焼き

この記事は約6分で読めます。

みっちゃん総本店のお好み焼き

具材を記事に混ぜて焼く大阪のお好みと違い、広島のお好み焼きは重ねて焼く「重ね焼き」である。

クレープのように薄く伸ばした生地を蓋代わりに、何層にも重ねられた具材を蒸し焼きにするのだ。

そのスタイルを確立した「みっちゃん総本店」は、広島風お好み焼きのパイオニア。昭和25年の創業から今に至るまで、広島の人々から絶大な支持を得ている。

今回は「みっちゃん総本店」の八丁堀本店にて、元祖の広島風お好み焼きを楽しんできた。その他、酒のアテに鉄板焼きも注文したので、レビューしていこう。

スポンサーリンク

みっちゃん総本店の外観と雰囲気

みっちゃん総本店外観

広島へ出向くと、「みっちゃん」と名前のついたお好み焼き屋が、あちらこちらにある。

大きくわけて「みっちゃん総本店」と「新天地みっちゃん」、「みっちゃんいせや」の3つが存在しており、観光客の頭を悩ませる原因となっているのだ。

「みっちゃん総本店」は創業者の長男が受け継いだ「元祖の店」であり、他二つは他の兄弟が営む、独立経営の暖簾分けである。

とてもややこしい事に、「みっちゃん総本店」には複数の支店が存在しており、「みっちゃん総本店 ○○店」と表記される。

今回は広島風お好み焼きの元祖である「みっちゃん総本店」の八丁堀本店へお邪魔してきた。

みっちゃん総本店の八丁堀本店は、路面電車「広電」の八丁堀駅から徒歩3分ほどの場所にあり、飲食店が多く入るテナントビルの1階だ。

店内はカウンター席が3席ほどで、あとは全てテーブル席。お好み焼きを焼く鉄板はカウンター席にしかないので、お皿で提供される。

現地流に鉄板から直にコテで食べたい人には向かない。

大きな鉄板では、3人の焼き手が次から次へとお好み焼きを焼き、鉄板にコテを叩きつける心地よい音が響く。

常に満席の客の声と、元気な従業員の掛け声で、昔ながらの活気溢れる空間となっている。

創業者の長男は80歳を越えた今でも、ここ八丁堀本店の厨房に立つ現役焼き手だ。高齢ということもあり、サポート役に徹している様子ではあったが、若い焼き手が焼くお好み焼きに、常に目を光らせていた。
スポンサーリンク

みっちゃん総本店で実際に広島風お好み焼きを食べた感想

お好み焼きが焼けるのを待つ間、ビール片手に鉄板焼きも楽しんだのでレビューしていこう。

広島に訪れたら外せない「牡蠣焼き」が絶品!

みっちゃん総本店牡蠣焼き

広島と言えば、牡蠣。そのイメージに恥じぬよう、身の大きい牡蠣を惜しげもなく7粒盛り付けられていた。

僕の知る限り、牡蠣というのは火を通すと小さく縮んでしまう。ところが、みっちゃん総本店の牡蠣は、高温の鉄板で香ばしく焼かれているにも関わらず、縮んでいないのだ。

そればかりか、生牡蠣かと思うほどにプリプリしている。

タレも牡蠣の旨みを邪魔しないように計算されていて、内に広がった牡蠣のエキスをビールで流し込むのが、最高なのである。

味噌ダレが絶品の「ホルモン焼き」

みっちゃん総本店ホルモン焼き

ちょっとこれはズルい。

まず、牡蠣焼きとは打って変わって、味噌ダレが濃い。ホルモンひとつひとつに絡みつく濃厚な風味と甘みで、箸が止まらない。

だが、しかし!

適度な焦げ目が食欲を誘うプリっぷりのホルモン焼きは、キャベツが主役である。(個人の感想)

ホルモンの旨みと、甘辛い味噌ダレを吸ったキャベツを噛みしめる度、ジュワっと広がる風味。

それでいてキャベツはシャキッとしている。いったい、どんな焼き方をしたら、こんな完璧なホルモン焼きが出来上がるのか。

お好み焼きは最もオーソドックスな「そば肉玉子」

みっちゃん総本店そば肉玉子

今回は運よく3席しかないカウンター席に通されたのだが、多くの人が皿で提供されるのを考慮し、皿盛りにしてもらった。

さて、みっちゃん総本店・八丁堀本店では3人の焼き手により、お好み焼きを仕上げる。

よくよく観察していると、3人の焼き手がそれぞれ1枚のお好み焼きを仕上げるわけではないようだ。

工程Aを担当する焼き手、工程Bを担当する焼き手、工程Cを担当する焼き手に分かれれる。つまり、流れ作業で1枚のお好み焼きを仕上げていく。

これは、焼き手によって仕上がりにムラが出るのを防ぐ為。例え客が1人しかいなくても、3人で焼くのだとか。

みっちゃん総本店では、その日のキャベツの状態により、キャベツの切り方すらも変えているという。

出来上がったお好み焼きをほおばると、まず、麺の柔らかさに驚く。

他の店で食べたお好み焼きは、麺の食感が堅い場合が多い。かと言って普通の焼きそばのようにまとまりのない麺では、とても食べづらい。

みっちゃん総本店の麺は、堅くならない程度にまとめられたもので、食べやすさも食感も損なうことなく完璧な仕上がりだ。

麺以外にも、みっちゃん総本店は「焼き」にこだわっているのではないだろうか。

肉も弾力のある歯ごたえを残しているし、蒸し焼きにされたキャベツも、ちゃんと食感を残している。

そして、おたふくに特注しているというソースが絡むと、あらゆる具材から染み出した旨みと相まって、最高のお好み焼きとなるのだ。

この染み出る旨みを計算して、各具材をわざと弾力のある食感に仕上げているのだとしたら、この先もずっと変わらぬまま突き進んでほしい。また食べに行きたいから。

スポンサーリンク

みっちゃん総本店のその他メニューと価格

<お好み焼き(そば・うどん)>
肉玉子…790円/イカ肉玉子…975円
エビ肉玉子…975円/もち肉玉子…930円
ネギかけ肉玉子…940円/肉玉子ミニサイズ…740円
DXスペシャル…1,550円
(ネギかけ・イカ天・生イカ・生エビ・モチ)
特製スペシャル…1,400円
(イカ天・生イカ・生エビ・モチ)
スペシャル…1,150円
(生イカ・生エビ)
カキ入り肉玉子…1,440円

<トッピング>
牡蠣…650円/キムチ…185円/生エビ185円/ネギかけ…150円
イカ天…140円/大葉…140円/スジ煮込み…280円
生イカ…185円/野菜大盛り…185円/チーズ…185円
もち…140円/麺ダブル…140円/麺トリプル…280円

<鉄板焼き>
コウネ…780円/牛スジ煮込み…450円/キムチ…400円
さきいかの辛旨あえ…350円/チャンジャキムチ…400円
枝豆…400円/ホルモン焼き…830円/せせり…480円
牛タンステーキ…930円/砂ずりの塩胡椒炒め…480円
豚キムチ…630円/もやし炒め…380円/牡蠣焼き…880円
野菜と海鮮の炒め…680円/とん平焼き…780円
ねぎ焼き…780円

※当記事内の価格は全て税抜

スポンサーリンク

みっちゃん総本店の基本情報、営業時間とアクセス

【住所】広島県広島市中区八丁堀6−7チュリス八丁堀1F
【電話番号】0822215438
【営業時間】11:30〜14:00 / 17:30〜20:30
【定休日】なし
【キャッシュレス】クレジットカード
【アクセス】路面電車「広電」八丁堀駅徒歩3分
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★★☆/駅すぐの立地
コスパ:★★★★☆/お好み焼きの相場ど真ん中
清潔度:★★★★☆/とても綺麗
接客:★★★★★/活気があり好感もてる
入りやすさ:★★☆☆☆/常に待ち列ができている
スポンサーリンク

元祖の味「みっちゃん総本店」で味わう広島風お好み焼き まとめ

広島風お好み焼きの元祖として、もはや老舗と呼ばれる年月が経過した「みっちゃん総本店」。

元祖の味を守るために様々なこだわりを持ち、1枚1枚を変わらぬ美味しさで仕上げる良店だ。

広島風お好み焼きの元祖として、様々なメディアで紹介されている影響で観光客も多い。そのため常に行列が絶えないが、絶え間なく焼いているので回転は速い。

観光客向けに価格を釣り上げていない点も好感が持てる。

周辺ホテルに宿泊した際には、ぜひ広島風お好み焼きの元祖に舌鼓を打ってほしい。

広島市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント