新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【名古屋】名駅西口すぐ!鳥開で名古屋コーチンの手羽先に親子丼を!

この記事は約4分で読めます。

鳥開レバー

名古屋に来て「名古屋コーチン」を食べないわけにはいかない。

鶏と言えば、名古屋では手羽先文化が根付いている。山ちゃんや風来坊など、手羽先を出す店は多い。

その多くは名古屋特有の甘辛い濃い味付けの手羽先で、どうしてもジャンキー感が出てしまう。

しかし、名古屋コーチンは肉のコクと旨味が強いため、調味料が主張するジャンキーな味付けとは相性が悪いのだ。

今回、名古屋コーチンを美味しく食べられる店を探していたところ、期待を上回る店を見つけたので、紹介しておきたい。

その店は、名古屋コーチンを使った料理でたびたび賞を取っている「鳥開 総本家」だ。

鳥開は愛知を中心に十数店舗を展開するチェーン店だが、チェーン店らしからぬ料理が味わえる。

名古屋駅のエスカ店は親子丼に特化した特殊営業とのことで、今回は駅から少し離れた「鳥開 総本家 名駅西口店」にお邪魔してきた。

スポンサーリンク

鳥開 総本家は金賞の嵐

鳥開総本家外観

駅から5分ほど歩くと、鳥開総本家・名駅西口店が見えてきた。入り口には「丼グランプリで金賞」だとか「からあげグランプリで金賞」だとか、やたらと自慢してくる販促物が掲示してあった。

それも数年連続で受賞と、自慢に自慢の積み重ねである。

「これで美味しくなかったら怒っちゃうんだからネ!」などとツッコミを入れつつ入店した。

スポンサーリンク

とても美味しい名古屋コーチンをお洒落な店内で

内装は茶系で統一され、小奇麗でお洒落な空間が広がる。従業員の愛想もとても良い。店全体で高級感を醸し出している

名古屋コーチンの手羽先は、ジャンク感ゼロ

手羽先

上品な下味が名古屋コーチンのうま味を引き立て、コショウが効いた皮はパリパリに揚がっている。

肉はジューシーで弾力がありながらも歯切れの良い、最高のコンディションだ。

名古屋特有の甘辛いタレの味はあるものの、風味程度に抑えられていて、名古屋コーチン本来の味を邪魔することはない。

※名古屋コーチンの手羽先の画像を撮り忘れてしまったので、国産若鶏の手羽先の画像を使用している。見た目はさほど変わらないが、名古屋コーチンは3本で1人前だ。

名古屋コーチンの美味しさが一番わかるのは焼き鳥

レバー

名古屋コーチンの美味しさをダイレクトに味わうなら、焼き鳥がおすすめだ。それも「塩」がいい。

肉そのものの旨味や甘さがダイレクトに伝わる。

なかでもおすすめなのが「上肝」だ。俗に言うレバーである。

炙る程度に軽く焼いた上肝の焼き加減は「レア」。鮮度にもこだわっている証だ。炙った表面は香ばしく、中はレア特有のしっとり感がある。そして最終的には口の中でふわっとした食感に変わる。

肝の臭みなど全くなく、むしろ塩が肝本来の甘さを引き出している。「レバー嫌い」の人も絶対に食べられるであろう逸品だ。

ひと串259円(税抜)と、やや値段は張るが、食べて損はない。

究極の親子丼ここにあり

時代が変われど、国が変われど、子に対する親の気持ちは変わらない。親が全てを包み込んでくれるから、子はすくすくと育つ。

親子丼

でも時には子が親を包み込む時もあろう。親子丼がそうだ。

親が名古屋コーチンなら、子も名古屋コーチン。贅沢に3個もの卵を使った親子丼は、弾力のある肉と濃厚な卵の親子愛である。

焦げ目のついた肉が香ばしく、肉厚でジューシー。濃いオレンジ色が綺麗な卵はとろとろな仕上がりに。

出汁がかかるのを計算してか、少し固めに焚き上げたご飯に、ほんのり甘い出汁が染みる。

肉・卵・米・出汁にこだわりを持った奇跡の親子丼である。

スポンサーリンク

鳥開総本家 名駅西口店・アクセス

愛知県名古屋市中村区則武1丁目7−15
鳥開総本家・名駅西口店公式サイト
名古屋駅西口徒歩5分
[月~金]
17:00~24:00
[土・祝日]
16:00~24:00
日曜定休

スポンサーリンク

鳥開で名古屋コーチンの手羽先に親子丼・まとめ

枝豆やお新香など、すぐに提供できるメニューに「鳥あえず」という冠を被せてくるあたり、鳥に対するこだわりを感じることができる。

ただ、名古屋コーチンは高い。ここ鳥開総本家でも、国産若鶏と名古屋コーチンの料理で値段に開きがある。

名古屋コーチンの親子丼は1,750円(税抜)だし、焼き鳥は1本400円以上もするものさえある。だが、それだけの価値はあり、結局は値段相応のものばかりと感じる。

ジャンクなものを食べたいなら不向きかもしれない。

鳥開総本家に行けば、「鶏肉」に対する価値観が変わることは必至だ。「鶏肉」に対してリスペクトさえするようになるだろう。

「鳥あえず」行ってみてはいかがだろうか?

名古屋市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント