新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【名古屋】贅沢「まるや本店」のひつまぶしは、宮崎県産のうなぎを使用

この記事は約4分で読めます。

ひつまぶし

ランチ予算・3,000~5,000円
ディナー予算・3,000~5,000円
混雑・ピーク時は待ちが出ることも
名古屋駅構内
おすすめ度★★★★☆

もっとも贅沢な「名古屋めし」として名高いひつまぶしを、手軽に味わうことができる「まるや本店 JR名古屋駅店」。

熟練の鰻師が仕上げた宮崎県産の国産うなぎは絶品だ。

名古屋市内の他の行列ができる老舗鰻屋が4,000円前後で設定しているノーマルなひつまぶしが、まるや本店だと2,980円とリーズナブルだ。

それでいて他の鰻屋に劣らず、とても美味しいうなぎが楽しめる。

「ひつまぶし」だから、3杯目はダシをかけていただくわけだが、まるや本店は、このダシも旨い。

うなぎから取ったダシを使用し、蒲焼との相性を成熟させる。

うなぎの量が増えた「上ひつまぶし」で3,550円、さらに量が増えた「特上ひつまぶし」で5,400円と、いずれもリーズナブルだ。

ただ、いくらリーズナブルと言っても、やはりうなぎは高い。雰囲気だけ楽しみたい場合には「ミニひつまぶし」2,350円も用意されているので、予算に応じて注文しよう。

スポンサーリンク

【おひとり様歓迎】まるや本店はカウンター席アリ!

外観

「まるや本店」は、名古屋に8店舗程の店があるが、創業は平成13年と比較的新しい。

JR名古屋駅の新幹線改札から程近い「なごやうまいもん通り」に、まるや本店のJR名古屋駅店がある。

新幹線までのちょっとした空き時間にも便利な立地だ。

店内はテーブル席の他にカウンター席も用意されている。おひとり様にも優しい心遣いである。

実際に僕が訪れた時も、数人のサラリーマンが美味しいひつまぶしに舌鼓を打っていた

お昼時で混んでいたり、店内で食べるほどの時間が無い時は、店頭でひつまぶしのパウチが販売されていて便利だ。

スポンサーリンク

皮まで香ばしく焼かれたうなぎは絶品

うなぎ

まるや本店のうなぎは、皮まで香ばしく焼かれパリッとしている。それでいて身はフワっとし、バランスが素晴らしい。

おひつに蓋がされて運ばれてくるスタイルも好きだ。自分のタイミングで蓋を開けた時の、なんとも言えない食欲をそそる香りがたまらない。

1杯目はそのまま

1杯目

ひつまぶしの定義に従い、1杯目はそのまま食べる。

まるや本店のうなぎのタレは、創業以来の継ぎ足しで、控えめな甘さながらも深みがある。

うなぎには山椒をたっぷり、舌が痺れるくらいにかけて食べるのが好きなのだが、それは2杯目に譲った。

2杯目は薬味を乗せて

2杯目

薬味はネギ・大葉・わさび・海苔が、どれもお替わり自由だ。

うなぎの白焼きににわさびを添えるのは一般的だが、蒲焼にわさびを添えるというのは、なかなか珍しい。ひつまぶし特有の文化なのだろうか。

もちろん山椒もたっぷりかけて、様々な薬味が口の中で主張する様を楽しんだ。

丼物というのは、どうしてもタレのせいでしつこくなりがちだ。こうして薬味でさっぱり食べるのも正解なのかもしれない。

3杯目はダシをかけて

3杯目

ひつまぶしの3杯目はお茶漬けにするのが流儀だ。しかしまるや本店は、お茶ではなくダシをかける。

うなぎからとったダシなので、当然、うなぎとの相性もばっちりだ。

このダシは3杯目に使うということで、冷めてしまわぬよう、途中でお願いすると運んできてくれるシステム。追加のお替わりもできる。

うなぎの蒲焼としては珍しく、皮がパリパリに焼かれている、まるや本店のうなぎ。恐らく、3杯目にダシをかけることを想定してそうしているのだろう。

ダシをかけても香ばしさが残って、とても美味しくいただけた。

ただ、まるや本店のうなぎのタレは、少々あっさりしている。普段からこってりした丼タレが好みの場合は、ダシをかけると物足りなく感じるかもしれない。

卓上にうなぎのタレも置いてあるので、タレをかけてからダシを注ぐといいだろう。

スポンサーリンク

まるや本店JR名古屋駅店・営業時間とアクセス

JR名古屋駅構内
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休無し

スポンサーリンク

贅沢!名古屋駅「まるや本店」のひつまぶし・まとめ

「ひつまぶし」の食べ方で「4杯目」があるのをご存じだろうか?

え?知らない?

僕が編み出した食べ方ゆえ、知らなくて当然(笑)

僕はひつまぶしを十字に分け、4等分する。セオリー通りに1杯目はそのまま、2杯目は薬味で、3杯目はダシをかけて、それぞれ楽しむ。

そして4杯目は、その中で一番美味しかった方法で食べるのだ。

幸い、まるや本店は薬味もダシもお替わりができる。4杯目の為に少し残しておこうなんて心配もいらない。

そして僕が4杯目で試した、つまり一番美味しかった食べ方は、2杯目の薬味乗せだった。

ぜひ4杯目をお気に入りの食べ方で楽しんでみてほしい。

名古屋市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント