新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【名古屋】柳橋中央市場の「まぐろや」の選べる3色海鮮丼が美味

この記事は約3分で読めます。

まぐろやの海鮮丼

JR名古屋駅からも徒歩圏内、大都市の中に突如現れる「柳橋中央市場」は、新鮮な鮮魚を扱う卸売市場である。

そんな柳橋中央市場の一角に、目利きのプロ達が通う海鮮丼の旨い店があると言うのだ。

それが今回紹介する「まぐろや」である。

「まぐろや」の海鮮丼で人気なのは3色丼。なんと、自分の好みで3種類の魚を選べる。

海鮮好きとしては、選べるとなると逆になかなか選べない事態に陥るが、なんとか注文して実食してきたのでレビューしていこう。

新鮮な魚を安く調達できる市場内で、自分の好きなネタを丼にしてくれる「まぐろや」。

そりゃぁ、旨いに決まってる。

スポンサーリンク

まぐろやの外観と雰囲気

柳橋中央市場入り口

JR名古屋駅から徒歩10分ほど、街のなかに突如、卸売市場が現れる。

この卸売市場内にある「まぐろや」は、市場の食堂ど真ん中と言った具合で、独特の雑多感が雰囲気を盛り上げる。

まるで海の家。壁などなく、透明のビニールシートで囲われた部分が店舗だ。

ホールを担当するお母さんは、元気で親しみやすい。なんでも親切に答えてくれるので、おすすめのネタなど聞いてみるのもいいだろう。

スポンサーリンク

まぐろやで実際に3色海鮮丼を食べた感想

まぐろや海鮮丼

種類豊富なまぐろやの海鮮丼の中でも、とりわけ人気なのは2色丼と3色丼なのだとか。

人気の理由は、自分の好きなネタを選べることにある。

僕は3色丼を注文し、まぐろ・かんぱち・サーモンを選択した。選べるネタは常時10種類以上はあるのだが、「まぐろ専門卸の直営店」ということで、まぐろのチョイスはマストではないだろうか。

お酢を若干控えめにした酢飯は人肌で、乗せたネタの豊富な脂が程よく溶ける。

ネタは一切れがぶ厚く大きい。鮮度も良い。身がしっかり詰まっていて、食べ応えも最高だ。

特にまぐろ。やはり「まぐろや」の店名は伊達ではない。

見るからに艶やかな赤身は、口に運ぶとすぐさま脂が溶けだす。ちゃんと「まぐろの味がするまぐろ」を食べたのはいつぶりだろうか…。居酒屋で出てくるそれより、ワンランク上の逸品だ。

セットのあら汁は、名古屋らしく赤みそ仕立て。関東の人間としては濃すぎるぐらいに赤みそがガツンとくる、インパクト大の1杯だった。個人的には赤みそは苦手である。

スポンサーリンク

まぐろやのその他メニューと価格

選べる2色丼…800円
選べる3色丼…1,000円
特上海鮮丼…1,500円
上まぐろ丼…1,200円
まぐろ丼…800円
鮭親子丼…800円
穴子丼…800円
烏賊丼…700円

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

まぐろやの基本情報、営業時間とアクセス

【住所】愛知県名古屋市中村区名駅4丁目15-2
【電話番号】09015670968
【営業時間】6:30~14:00、17:30~22:00
【定休日】日曜日・祝日
【キャッシュレス】不可
【アクセス】JR名古屋駅徒歩10分・地下鉄桜通線「国際センター」駅徒歩4分
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★★☆/駅から徒歩圏内
コスパ:★★★★★/良質なネタを安価で
清潔度:★★★☆☆/市場ならではの雑多感
接客:★★★★★/元気で親切
入りやすさ:★★★★★/中が丸見えなので入りやすい
スポンサーリンク

柳橋中央市場の「まぐろや」の選べる3色海鮮丼が美味まとめ

まぐろ専門店としてプライドをかけた、質の良いまぐろが楽しめる「まぐろや」は、朝早くから営業している。

市場で働くプロ達からも愛され、朝食時間帯から賑やかな店内。

千円札1枚を握りしめて、好きなネタがチョイスできる3色丼をぜひ注文してみよう。どのネタも良質なことに驚くだろう。

名古屋駅付近のホテルに宿泊しているならば、ホテルの朝食よりまぐろやの海鮮丼がおすすめだ。

名古屋市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント