新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【桑園】相場より3割安い!札幌市中央卸売市場「丼兵衛」の豪華海鮮丼

この記事は約4分で読めます。

丼兵衛満足丼

美味しい海鮮を食べて、買って、送って。

札幌市中央卸売市場は、北海道名物の新鮮な海鮮を楽しむにのにベストな観光スポットだ。

主に観光客で溢れかえるメインストリートは「場外市場」と呼ばれる。その外れにひっそり佇む建物こそが「札幌市中央卸売市場(以下、市場内)」で、観光客はあまり立ち入らない。

市場内には「丼兵衛」という海鮮丼を扱う店があり、市場内で働く関係者が足繁く通っている。

場外市場にも多数の海鮮丼の店があるが、品質と価格のバランスが観光地価格のところも少なくない。

ところが丼兵衛は、市場内で働く「魚のプロ」が通う店だけあり、鮮度抜群のネタが乗った海鮮丼をリーズナブルに楽しむことができる。

もちろん市場関係者ではなくても入店できるので、札幌に出向いた際に訪れてみた。

スポンサーリンク

丼兵衛の外観と雰囲気/こじんまりとした店内

丼兵衛外観

丼兵衛は、札幌市中央卸売市場の入り口に店を構える。

7席のカウンターと、最近増築したばかりというテーブルが6席。

女子が喜びそうなイケメン二人だけで店を切り盛りしている関係で、水とお茶はセルフだ。

最近は各メディアで紹介され、知名度が上がってきた影響か、待ちが発生することもある。

待ち時間は市場内を見て回るのも楽しい。
スポンサーリンク

丼兵衛で実際に海鮮丼を食べた感想/カニ汁は必食すべし

豊富にあるメニューの中でも「満足丼」と「特選さっぽろ朝市丼」の2種類を注文すると、カニ汁が100円引きになるらしい。

カニ汁は320円(100円引きで220円)と少々お高いが、ズワイガニから出るダシが旨い。

まるでカニの旨味エキスだけを煮出しているような、カニの濃い味が瞬時に広がる。堪らない一杯だ。

せっかくなので、満足丼と特選さっぽろ朝市丼を注文し、お得に100円引きでカニ汁も堪能してきた。

満足丼

満足丼

生の本鮪は本来の粘りと甘味のバランスが良い。ミョウバンくさくない塩雲丹、プチプチ弾けるいくら醤油漬けも最高だ。

脂がのっていて臭みがない生サーモンにホタテ、カニ、イカ、ホッキまで、豪華な海鮮丼である。

目の前のイケメン店長の仕事を見ていると、注文の度にサクを取り出し、切り分けている

味の劣化に繋がる酸化を防ぐ為、切り置きをしないのだ。

その丁寧な仕事のおかげで、どのネタも鮮度がよく、魚の味も濃い。厚さもある為、ボリュームも満点である。

これで「並」だというから、驚きを隠せない。

「並」と「上」があり、「上」は「並」のネタ増しとなる。

新鮮な魚介をこれだけ盛り付けて並は2,680円、上で3,180円と、観光地価格に設定している他店より感覚で3割ほど安く感じる。

特選さっぽろ朝市丼

特選さっぽろ朝市丼

特選さっぽろ朝市丼も同様に、新鮮なネタが豊富に盛り付けられている。まぐろ、いか、帆立、かに、うに、サーモン、ネギトロ、いくら。

ネタの鮮度や品質は満足丼と同等だが、満足丼に比べてネタの種類や総量が少ない。

とは言っても、朝食で食べることを考えたら、このぐらいの量がちょうど良いのかもしれない。

特選さっぽろ朝市丼も並1,580円と上2,080円があり、ネタの量が違う。写真は並である。

スポンサーリンク

丼兵衛のその他メニューと価格/激安500円丼アリ

本まぐろサーモン丼1,480円/うに丼3,400円
うにいくら丼2,980円/いくら丼2,300円/かに丼2,300円
サーモンいくら丼1,860円/かにいくら丼2,400円
ネギとろ丼1,080円/本まぐろ鉄火丼1,680円
海鮮バラちらし丼500円

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

丼兵衛の基本情報、営業時間とアクセス/札幌駅から電車

【住所】北海道札幌市中央区北12西20 丸果ビル 1F
【電話番号】050-5570-4508
【営業時間】7:00~13:00※酢飯やネタが無くなり次第終了
【定休日】日曜日・祝日
【キャッシュレス】VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners、QUICPay
【アクセス】JR桑園駅、地下鉄二十四軒駅より徒歩10分
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★★☆☆/最寄駅から多少歩く
コスパ:★★★★★/これ以上にコスパの良い海鮮丼を知らない
清潔度:★★★☆☆/市場内にある為、雑多感は否めない
接客:★★★★★/元気があり丁寧
入りやすさ:★★☆☆☆/一人で入りやすいが、場所が分かりにくい
スポンサーリンク

札幌中央卸売市場「丼兵衛」の豪華海鮮丼まとめ

酢飯やネタはもちろん、「醤油」も海鮮丼には欠かせない。醤油はネタの味を最大限に引き立ててくれる。

それなのに、市販の醤油を使用する店が多いのは残念だ。

丼兵衛では、開業当時から変わらぬ製法で仕込んだ、特製醤油を用意している。

甘みの強い特製醤油はとろみがあり、ネタに程良く絡む。

切り置きをしない、鮮度にこだわったネタを惜しげもなく乗せた丼兵衛の海鮮丼を、自家製の特製醤油でいただいてみよう。

今まで食べてきた海鮮丼は何だったのか、疑問に思うこと必至だ。

この贅沢な組み合わせには、丼兵衛でなければ出会えない。

札幌市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント