新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【千葉】千葉で最も旨い蕎麦処こだかの二八蕎麦は、わさび丼と共に

この記事は約5分で読めます。

蕎麦処こだかの天せいろ

JR千葉駅から徒歩5分、京成千葉中央駅からも徒歩10分と、アクセスしやすい場所に店を構える「蕎麦処こだか」。

本当に旨い蕎麦は、ざるで食べるのが最も風味が際立つ。蕎麦の香りをダイレクトに楽しむことができるのだ。

冬場でもざるを食べる客が多い蕎麦処こだかは、その旨さを客が証明している。

千葉駅付近の蕎麦屋をあちこち食べ歩いてきたが、ここ蕎麦処こだかが最も旨い。純国産最上級石臼挽き蕎麦粉のみを使用し、水にすらこだわる。そりゃ旨いに決まっているではないか。

さらに、千葉では珍しい、おろしたての山葵を乗せたわさび丼もメニューにラインナップ。酒の種類も豊富なので、夜の時間帯は飲み屋としての利用もおすすめだ。

スポンサーリンク

蕎麦処こだかの外観と雰囲気/落ち着いた店内なのに手が回っていないのが残念

蕎麦処こだか外観

JR千葉駅東口を背に右手を真っすぐ、そごう千葉店を抜けた先に、蕎麦処こだかがある。メイン通りから一本入るので少し分かりにくいが、美容室M&SMARTが入居しているビルだ。

ビルの正面入り口からは入れないので注意しよう。

店内はカウンター8席、テーブル6席、小上がりが8席。個人で営業している街の蕎麦屋としては、なかなか大きいほうではないだろうか。

厨房では店主らしき人物、ホールではパートと思われる従業員がせわしなく働いている。

この規模のランチ営業を二人で回すのがどんなに大変か、片づけられずにテーブルに残った先客たちの食器を見れば分かる。

したがって、蕎麦処こだかはピークを少しずらして13時頃に行くといいだろう。

スポンサーリンク

蕎麦処こだかで実際に天せいろを食べた感想/旨すぎる

蕎麦処こだかのサラダ

蕎麦処こだかでは、お茶と一緒にちょっとしたサラダが出てくる。

「ベジファースト」が叫ばれている昨今、血糖値が気になる年代には嬉しい心遣いだ。

今回は天ぷらと冷たい蕎麦がセットになった天せいろを注文した。

天せいろの天ぷらは季節によって内容が変わる。旬の素材を揚げるためである。

ランチは1,000円ポッキリの価格設定であり、本格的な旨い蕎麦を楽しむ価格としては、決して高くはない。

蕎麦の大盛は+300円、ご飯大盛は無料。せいろの二八蕎麦を十割蕎麦に変更すると+100円だ。

「天せいろ」二八蕎麦の風味豊か

蕎麦処こだかの天せいろ

ご自慢の蕎麦は細めに切られており、時折太さの異なるものが混入している。このあたりは、まさに手作りの醍醐味。一気に期待感が高まるポイントだ。

しっかりとしたコシ、穀物感、風味、喉越しと、蕎麦に必要な物を全て兼ね備えている。

口に含むと、蕎麦本来の香りが鼻から抜ける、まさに五感で楽しむ蕎麦。蕎麦つゆを使わずに食べるのが正解なのかもしれない。

その蕎麦つゆは甘めの部類。薬味が不要だと思えるほどに出汁が濃いため、蕎麦の1/3ほどつけて食べるのがちょうど良いつゆだ。

季節ごとに内容が変わる天ぷらは、カラッと揚がっていて、天つゆが別なのがいい。

塩も盛られているので、いろいろな楽しみ方ができる。

さて、蕎麦の後の楽しみといえば、蕎麦湯である。

蕎麦処こだかの蕎麦湯はドロッとした白濁タイプで、蕎麦つゆを割って飲むのはもちろん、蕎麦湯単体で飲んでも旨い。

「わさび丼」辛さより甘さが際立つ

蕎麦処こだかの山葵丼

ご飯は堅め。鰹節をぶっかけて、おろしたての山葵をたっぷりと。少しばかり醤油を回しかけ、よく混ぜていただく。

山葵の辛さはほとんどなく、むしろ山葵の甘みがすごい。口の中には山葵のすがすがしい香りが広がり、後追いでほんの軽くツーンとくる程度。

ご飯に鰹節と山葵を乗せただけの料理なのに、こんなに旨いとは驚きである。

700円と少し高いが、ランチでは天せいろとのセットで1,400円となる。注文して損はない逸品だ。

スポンサーリンク

蕎麦処こだかのその他メニューと価格

(蕎麦)
かけ…900円/揚げもち…1,000円/山かけ…1,000円
卵とじ…1,000円/カレー南蛮…1,200円
にしん…1,200円/鴨南蛮…1,600円/天ぷら…1,500円

(せいろ)
せいろ…850円/十割…1,000円/天せいろ…1,500円
二色(二八・十割)…1,100円/野菜天せいろ…1,400円
つけとろ…1,000円/おろし…1,100円

(ご飯もの)
天丼…1,000円(蕎麦セット…1,600円)
野菜天丼…800円(蕎麦セット…1,400円)
わさび丼…700円(蕎麦セット…1,200円)
卵かけご飯…500円(蕎麦セット…1,000円)

(ランチ…1,000円)
天せいろ/野菜天せいろ/鴨せいろ/おろし
ご飯セット(蕎麦+お好きな丼)

(スペシャルランチセット)
天せいろ/野菜天せいろ/鴨せいろ/おろし
+ワサビ丼…1,400円/+卵かけご飯…1,300円

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

蕎麦処こだかの基本情報、営業時間とアクセス

【住所】
【電話番号】043-441-5110
【営業時間】11:30〜14:30、17:30〜21:00
【定休日】火曜日・第四月曜日
【キャッシュレス】不可
【アクセス】JR千葉駅東口徒歩5分

超個人的5段階評価
立地:★★★★☆/駅近くで便利
コスパ:★★★★★/高いが品質が伴う
清潔度:★★★☆☆/個人店ならではの雑多感あり
接客:★★★☆☆/ランチはせわしなく接客が疎かになりがち
入りやすさ:★★★★★/一人でも入りやすい
スポンサーリンク

千葉で最も旨い蕎麦処こだかの二八蕎麦は、わさび丼と共に まとめ

千葉駅付近で蕎麦を食べたいならば、蕎麦処こだか一択である。

原料からこだわった蕎麦は少々お高めの値段設定ではあるが、ランチで1,000円ジャストで天ぷらまでセットになりコスパは高い。

わさび丼も相当に旨いので、ぜひ400円プラスして、旨い蕎麦と共に楽しんでほしい。

千葉市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント