新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【札幌】北海道ザンギなら「布袋」。街の中華料理屋は安くて旨い

この記事は約5分で読めます。

布袋のザンギ

札幌駅から繁華街すすきのへ向かって歩く途中、中央区役所から程近い裏路地に佇む古い中華料理屋「布袋」。

観光客が立ち寄らないようなさびれた道に店を構え、周辺の住民から愛される、全国どこにでもありそうなザ・中華料理屋だ。

北海道では鶏の唐揚げを「ザンギ」と呼ぶ。厳密には作り方が違うとする説もあるが、はっきりした定義はなく、唐揚げ=ザンギと考えて問題ないだろう。

このザンギを札幌で楽しもうとするなら、選択肢はココ布袋一択だと断言したい。

なんの変哲もない昔ながらの中華料理屋なのだが、ザンギが大きく、旨く、安いと人気だ。

実際に滞在した小1時間の間にも、ザンギのテイクアウトの予約電話が引っ切り無しだったほど。

店内の客も、ほぼザンギを注文していて、その人気ぶりがうかがえる。

旅行のガイドブック等には絶対に出てこない隠れた名店なので、札幌に訪れた際には、ぜひ感動するザンギを体験してほしい。

スポンサーリンク

布袋の外観と雰囲気/古びた中華料理屋

布袋外観

入店前からやたらと期待感を煽ってくる、この外観。年季の入ったその姿に、店内の床が油で滑ることは、想像に容易い。

店内は三角巾を付けたおばちゃんが切り盛りしていそうな、一般的な食堂のあれである。

実際には6人ほどの従業員が忙しそうに働いていた。うち1人は終始ザンギを揚げていて、ザンギの注文の多さが分かる。
スポンサーリンク

布袋で実際にザンギを食べた感想/せっかくなので他にもいろいろ

布袋は中華料理屋なので、もちろんザンギ以外にもいろいろメニューがある。今回はせっかくなので、他にもいろいろ注文してみた。

大きい!旨い!安い!ザンギ

布袋のザンギ

布袋のザンギはとても大きい。1つが拳の半分ぐらいの大きさがあり、食べ応えも申し分ない。

こんなに大きなザンギが3個320円、7個630円、10個900円とリーズナブルだ。写真は10個である。

卓上にはザンギ専用のタレがあり、「ザンタレ」と呼ぶらしい。

専用のタレは後で使うこととし、まずはそのまま食べてみた。

カリッとした衣の中にはジューシーなモモ肉が。大きさがあるせいか、厚さが無い部分はカリカリに仕上がっており、食感の違いも楽しめる。

醤油ベースの味付けに軽く塩が振ってあり、風味を引き立てている。

ここでいよいよザンタレの出番。刻み葱がたっぷり入った醤油ベースのザンタレは、適度な酸味が。

揚げ物であるザンギも、ザンタレのおかげでサッパリと食べることができる。そればかりか、ザンギのシンプルな味付けに深みも出る。

ザンギ7個のザンギ定食はご飯とスープとサラダがついて940円だ。

やけど必至!小籠包

布袋の小籠包

点心の中で、なかなか食べる機会のない小籠包を注文してみた。

3個で600円が高いのか安いのか、正直よく分からない。しかし、味は最高である。

レンゲに溢れた小籠包特有の汁は、肉からほのかな甘みを受け継いでいて、口の中に上品な香りが漂う。

とても熱いので、やけどには注意だ。

特に可もなく不可もないエビチリ

布袋のエビチリ

エビチリは夜だけのメニューで、ランチでは注文できない。

エビチリは1,000円と、値は張るのが相場だ。ただ、布袋のエビチリは大きい海老をふんだんに使っているので、相対的にお得感がある。

口に入れた瞬間、ほんのり甘みが広がり、後追いで「チリ」の部分である辛さがやってくる。

特に秀でてる部分は無く、ごく一般的なエビチリといった感じだ。

スポンサーリンク

布袋のその他メニューと価格

酢豚…830円/麻婆豆腐…760円/野菜炒め…830円
レバニラ炒め…830円/春巻き…450円/焼売…530円
蒸し海老餃子…630円/蒸し餃子…600円/大根餅…600円
肉まん…300円/あんまん…300円/海老まん…330円
とうきびまん…200円/ねぎ入り揚げまん…160円
マーボー飯…890円/中華丼…830円/炒飯…830円
チャーシュー丼…870円/ザンギ炒飯…890円
カレーライス…760円/酢豚定食…900円
ザンギ定食【A】ザンギ7個…940円
ザンギ定食【B】ザンギ4個+小麻婆…930円
麻婆豆腐定食…900円/麻婆春雨定食…900円
蒸し餃子定食…870円/野菜炒め定食…900円
焼売定食…870円/レバニラ炒め定食…900円

(夜限定)
エビチリ…1,000円/エビチリ定食…1,100円
青椒肉絲…830円/青椒肉絲定食…910円
回鍋肉…830円/回鍋肉定食…910円
蒸し上げ枝豆…300円/炒めメンマ…300円
二色ザーサイ…400円/山賊麻油くらげ…400円
棒棒鶏…600円/牛タンの葱あえ…650円
中華の定番皮蛋・・・600円/クラゲの冷菜…980円
自家製叉焼…600円/布袋の玉子焼き…580円

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

布袋の基本情報、営業時間とアクセス

【住所】北海道札幌市中央区南1条西9丁目1−3
【電話番号】011-272-4050
【営業時間】11:00~21:00(水曜日のみ14:00まで)
【定休日】土曜日・日曜日
【キャッシュレス】不可
【アクセス】地下鉄東西線西11丁目駅3番出口徒歩約5分
▶公式サイトはこちら

超個人的5段階評価
立地:★★☆☆☆/札幌駅からは徒歩15分と遠い
コスパ:★★★★☆/メニューによって。ザンギは安い
清潔度:★★☆☆☆/昔ながらの雑多な感じ
接客:★★★★☆/忙しい時間は手薄になる
入りやすさ:★★★★★/一人でも複数人でも、とても入りやすい
スポンサーリンク

街の中華料理屋は安くて旨い!北海道ザンギなら「布袋」まとめ

観光客が行かない地元の名店・布袋は、入る前から旨いと分かる佇まいで、気分が最高に盛り上がる。

続々と注文が入り、次々と揚げていくザンギが絶品だ。そして安い。卓上のザンタレで味変も可能で、最後まで飽きずに食べることができる。

ハイボールと一緒にハイカラを決め込むのもいい。ザンギ定食でお腹を満たすのもいいだろう。

とにかく布袋のザンギは、札幌に出向いた際に必ず食べてほしい逸品なのだ。

札幌市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント