新型コロナウイルスの影響で、営業時間の変更やメニューの変更がある可能性があります。

【呉服町】とんこつラーメン「博多元気一杯」は看板無し!口コミで人気

この記事は約6分で読めます。

とんこつラーメン

福岡は博多と言えば、とんこつラーメンである。

豚骨を強火で沸騰させることから乳白色の濁ったスープと、堅さが選べる極細麺が特徴の豚骨ラーメン。博多を代表するグルメだ。

福岡の駅には立ち食い蕎麦ならぬ「立ち食いとんこつラーメン」まであると言うから驚きを隠せない。

そんな博多のとんこつラーメンは、今では「一風堂」や「一蘭」など全国チェーン店のおかげで、どこででも食べられるようになった。

しかし、せっかくの旅先で全国チェーンに入るのも、なかなかの侘しさがあるではないか。

もし福岡に出向いた際にはチェーン店ではなく、ぜひともローカルなお店でとんこつラーメンを食べてみてほしい。

博多には、チェーン店では出せない濃厚さとクリーミーさを兼ね備えたとんこつラーメン店がゴロゴロある。

その中でも、知る人ぞ知る、究極のとんこつラーメンを紹介したい。

そのお店は看板も暖簾(のれん)もない、口コミだけで広まった「博多元気一杯」だ。

スポンサーリンク

「博多元気一杯」の外観と雰囲気/100%気付かない佇まい

元気一杯外観

さて、これは何の建物かお分かりだろうか?

事務所?お店の裏口?いや、違う。お店の入り口である。

まさしくこれが「博多元気一杯」のお店の外観なのだ。

看板も暖簾(のれん)も無い、「元気一杯」の文字すらない、飲食店であることすら分からない佇まいである。

元気一杯バケツ

店先の青いバケツが、営業中のしるし

博多元気一杯の閉店時間はスープが無くなり次第だ。この青いバケツが唯一の告知なので、ぜひ覚えておきたい。

ちなみにこのバケツは灰皿になっている。店内は禁煙なので、喫煙はここでしよう。
スポンサーリンク

博多元気一杯は店内ルールが多すぎ!ルール違反をすると追い出される?

博多元気一杯は「伝説のラーメン屋」と言われるほどに、面白いラーメン店だ。

まず、看板もなにも無いという事からして面白い。

さらに、このお店には様々なルールがあり、それを守らないとレッドカード、即退店となるらしいのだ。

そのルールを簡単に羅列してみると・・・

①ひと口めは必ずスープから飲み始めなければならない
②店内をキョロキョロ見渡してはいけない
③メニューについて尋ねてはいけない
④大盛を頼んではいけない
⑤店内で撮影をしてはいけない
⑥携帯すら触ってはいけない
⑦ラーメンについて語ってはいけない
などなど。つまり、黙って大人しく食べることが推奨されたお店なのだ。

それでもお客が次から次へと来るのだから、ラーメンの味がどれだけ美味しいかお分かりになるだろう。

ところがである!最近、この厳しいルールが撤廃された。撮影もOK、通話さえしなければ携帯もOK、スープから飲まなくてもOKと、様変わりしたというのだ。

そんなわけで、この記事でも、堂々と写真付きで紹介できることとなった。

スポンサーリンク

博多元気一杯で実際にとんこつラーメンを食べた感想/人生でTOP3に入る美味しさ

とんこつラーメン

独自の臭みがあるとんこつラーメンは、豚骨醤油の家系と並んで人気となっている。

しかし、僕は極細麺のとんこつラーメンが、あまり好きではない。

素麺を食べた感覚に陥り、「ラーメンを食った!」という達成感を感じられないのだ。

そんな僕が人生で食べてきた数々のラーメンの中で、TOP3に入るほどに旨いラーメンが、博多元気一杯のとんこつラーメンである。

スープ/濃厚クリーミー。豚骨の旨みを引き立てる最低限の塩分

博多元気一杯のとんこつラーメンのスープは、まるでミルクのようなまろやかさと、臭みがないのに濃厚な豚骨が特徴だ。

写真を見てもらえばお分かりかと思うが、牛乳を温めた時のように、スープに膜が貼られている。それほどに濃厚なのだ。

しかし、濃厚でありながら重さを感じない、あっさりしているとも思えるスープは、旨味がすごい。

看板を出さずとも口コミだけで客が押し寄せる理由がよくわかる。

今となっては「スープから飲まなければならない」といったルールはないが、これは「スープから飲むべきラーメンである」と言えよう。

麺/ストレート極細麺

麺は加水率が高めの、ストレート極細麺である。

とろみのある絶品スープを持ち上げ、その旨さをちゃんと口に運んでくれるように計算された、やや柔らかめの茹で加減だ。

替玉/通常の替玉の他にカレー味替玉も

カレー替玉

通常の替玉もいいが、「博多の新名物」と貼り紙のあった「カレー味替玉」もおもしろい。

子どもでもOKな甘口のカレールゥで替玉の麺を和えてある。

このカレー味替玉がとんこつラーメンのスープと合わさると、とてつもなく美味しいカレーそばができあがる。

もともとクリーミーなとんこつラーメンのスープが、カレーをよりマイルドにしてくれるのだ。

しかし、「締めのひと口はとんこつラーメンのスープでいきたい」と思うのが、博多元気一杯のとんこつラーメンのすごいところだ。

「始まりがとんこつラーメンのスープなら、終わりもとんこつラーメンのスープ」と、脳が勝手に判断してしまう。

したがって、カレー味替玉をとんこつラーメンのどんぶりにぶち込むのは愚行だ。

カレー味替玉の器のほうにとんこつラーメンのスープを入れるのが正解ということだけは、伝えておきたい。

スポンサーリンク

「博多元気一杯」その他メニューと価格/メニュー構成はシンプル

博多元気一杯のメニューは、基本的に「とんこつラーメン(800円)」一本だ。

きくらげを増量した「きくらげラーメン(950円)」や、チャーシューを増量した「チャーシューメン(1,050円)」、その両方を増量した「チャーシューきくらげラーメン(1,200円)」もあるが、ベースはとんこつラーメンである。

替玉とライスはともに150円(カレー味替玉は250円)だ。

他に缶ビール350ml(350円)、ノンアルコールビール350ml(250円)も用意されている。

※当記事内の価格は全て税込

スポンサーリンク

「博多元気一杯」の基本情報、営業時間とアクセス/スープが無くなり次第終了

【住所】福岡県 福岡市博多区 下呉服町 4-31
【電話番号】090-1362-4311
【営業時間】月~金11:00~22:00土日祝11:00~20:00
※ただし、スープが無くなり次第終了
【定休日】不定休
【キャッシュレス】不可
【アクセス】地下鉄・呉服町駅3番出口より徒歩5分

超個人的5段階評価
立地:評価3/駅から徒歩5分なのは高評価だが、博多駅から乗り換え1回約10分かかるのは残念。
コスパ:評価5/とんこつラーメンとしては標準的な価格設定だが、クオリティが桁違いで高い。
清潔度:評価4/雑居ビルの一角を店舗にしたような内装でお洒落さはないが、清掃は行き届いている。
接客:評価5/非常に物腰の柔らかい店主。
入りやすさ:評価1/初見ではお店の場所すら危うい。さらに中が一切見えない為、入りやすさは正直皆無である。
スポンサーリンク

「博多元気一杯」は看板無し!口コミで広がった人気店まとめ

「人類で最初にウニを食べた人は凄い」のと同じ理由で「初めて博多元気一杯に入った人は凄い」と褒め称えたい。

あの外観でなにをもってラーメン屋だと思って入ったのだろうか。

そして食べ終わってお店を出てきた時、何を思ったのだろうか。

クリーミーで豚骨の旨みをダイレクトに感じられる、あの唯一無二のスープに、どんな感想を抱いたのだろうか。

ちなみに僕は「あ、明日も来よう!」と思って、実際に行った。それほどまで虜(とりこ)になるラーメンなのだ。

福岡市グルメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ジャパトラ

関東在住の30代オッサン。
海鮮と海外ドラマをこよなく愛するブロガー。
「旅先のチェーン店、入るべからず」が座右の銘
でもスタバは入るぉ。
Twitterのフォロー、よろしくお願いします。

ジャパトラをフォローする
ジャパトラをフォローする
スポンサーリンク
【わんたび】

コメント